忙しい会社は電話対応も大変!そんな時は電話代行

手軽に利用する可能

女の人

記帳代行は自分たちに代わって帳簿の管理をしてもらう事で、結果的に職場や個人の負担を軽減する事が出来るサービスです。利用する為には料金を支払うことになりますがその金額は業者によっても違うので、予算に合わせて業者を選ぶ事になります。

読んでみよう

社員に変わって代行

電話

要件を聞ける

会社にはそれぞれ営業時間があります。9時から18時などに設定しているところが多いでしょう。会社によって異なりますが、この営業時間のみ社員が電話などに出るところがあります。それ以外に電話がかかってきたときは、自動的に営業が終了したことを伝えます。これによって社員は残業をしなくて済み、通常の仕事に専念することができます。しかし、時間外の電話の中にも営業に関する電話がかかってくることがあります。取引につながることもあるでしょう。この時に電話代行サービスを利用すると良いでしょう。これまで自動音声が流れていたケースで、電話代行会社に接続します。そして要件を聞いてくれ、その情報を伝えてくれます。伝える頻度はサービスによって異なりますが、すぐにメールなどで伝えてくれることもあれば、前日分をまとめて伝えることもあります。

ただ聞くだけでない

会社では、商品やサービスを取り扱っています。その会社の社員であればそれらの情報を知っていますが、社員以外は知りません。ですから、新入社員などが客先からの電話などを取ると、何も答えられない場合があります。電話代行サービスは、社員の代わりに電話を受けてくれるサービスです。基本的には客先からの話を聞き、それを会社に伝えるサービスになります。一部の電話代行では、ただ聞くだけでなく、一定の営業や対応をしてくれることがあります。商品の案内をしてくれたり、問い合わせに対する回答をしたりです。あまり難しい内容などはできないこともありますが、簡単な打ち合わせで対応ができるものであれば行ってくれることもあります。

契約書を管理する意義

男性

契約書管理は、取引内容を証する重要な契約書を保管する重要な業務です。また、契約書を適切に保管し、その情報を活用することもできます。これにより、業務の効率化や次のビジネスチャンスにつなげることもできます。

読んでみよう

未来のために必須のツール

男の人と女の人

企業にとって売上を生み出す直接的な戦力となる営業部門。現場で活躍する営業マンを後方支援する情報システムがCRMです。単なる顧客管理ではなく、顧客についての様々な情報を綿密に分析し、その情報を現場に瞬時に伝えることができるのが強みです。

読んでみよう